コラム

【楽曲知識】「きよしこの夜」ってどんな曲?キリスト誕生を祝う聖歌

楽曲知識

しっとりとしたクリスマスの定番

「きよしこの夜」は、小学校の音楽の授業でも扱われるなど、日本人にもなじみのある曲です。
キリストの誕生に関係する歌であり、日本のカトリック教会では聖歌のひとつとしても親しまれている楽曲です。2011年にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。

クリスマスの時期によく耳にする、冬の夜を思い浮かべるような、しっとりとして落ち着いたメロディが特徴です。

キリスト誕生の歌「クリスマス・キャロル」の代表曲

曲情報:「きよしこの夜」、1818年初演、グルーバー作曲

「きよしこの夜」は、作詞者であるヨゼフ・モールの頼みで、オーストリアのオルガン奏者グルーバーにより作曲されました。キリストの誕生を祝う曲である「クリスマス・キャロル」のひとつとして、12月25日までによく歌われました。
現在では曲調やテンポを変えて、クリスマスソングとして広く使われています。

AIピアノコーチで配信中!

AIピアノコーチでは「初級」アレンジ版を配信中です。
弾きやすいハ長調のアレンジになっています。単音のメロディと基本的な和音で構成されており、演奏は難しくありません。指番号に注意して弾きましょう。慣れたら後半部の盛り上がるところで少しテンポを落としてみると、抑揚がついて演奏を楽しめます。

一覧に戻る