コラム

【楽曲知識】「恋」ってどんな曲?多様な恋の形を表現!

楽曲知識

現代の「すべての恋」を歌ったラブソング

「恋」は、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌として、恋ダンスと共にお茶の間をにぎわせ社会現象となりました。
曲中では、「夫婦を超えてゆけ」など言葉通り受け取るには難しい歌詞が使われていますが、これは男女という特定の相手や条件には限定されない、現代社会における「すべての恋に当てはまるラブソング」として作られた背景があるからです。
弾むようなギターと疾走感のある曲調で知られ、ミュージックビデオはYouTubeで1億回以上再生されています。知名度があるので、どんな場所でも演奏しやすい曲と言えます。

サビのメロディにはある秘密が!

曲情報:「恋」、イ長調、2016年、星野源作曲

作曲者である星野源さんは、ミュージシャン・俳優・作家など多様な顔を持つタレントであり、「恋」が主題歌であるドラマの主役としても活躍しました。
耳に残るサビのメロディには秘密があり、「ファ」が出てこない「ヨナ(四七)抜き音階」と呼ばれる日本古来の音階で作られています。日本人の耳になじみの良い聴こえ方が中毒性を発揮したのですね!

一覧に戻る