姿勢

この記事の目次

座り方

背筋を伸ばし、椅子の半分くらいのところに座り、足を床にしっかりつけましょう。

鍵盤に指を置いてみましょう。肘から手首までが水平になるように椅子の高さを調整しましょう。

足は適度に開いておきましょう。

手の置き方

手首が上がったり下がったりしないようにして、卵を持つイメージで鍵盤に指を置きましょう。

指の先端(爪の生え際)で鍵盤をおさえるようにしましょう。親指は横に倒れた状態で側面でおさえましょう。

指番号

楽譜上の音符に数字が書いてありますが、これはどの指でその音を弾くかを表しています。

両手共に親指から1→5という順番です。