音階

この記事の目次

全音と半音

鍵盤の隣同士が半音、半音の2つ分が全音です。

全音と半音

臨時記号

曲の途中で、音を半音高くしたり低くしたりする時や、それらを元に戻す時に使います。

臨時記号は音符のたまの位置の左側につけます。

シャープ

シャープ

その音を半音高くします。

フラット

フラット

その音を半音低くします。

ナチュラル

ナチュラル

シャープフラットの記号の効き目をなくし、元の音に戻します。

ダブルシャープ

ダブルシャープ

その音を全音高くします。

ダブルフラット

ダブルフラット

その音を全音低くします。

臨時記号の有効範囲

臨時記号がつけられた以降、同じ小節の中に出てくる、すべての同じ高さの音符に有効です。

臨時記号の有効範囲

長音階

長調の音階を長音階といいます。

長音階

ハ長調の音階はドの音から始まります。ドは日本音名でハです。ハの音から始まる音階なのでハ長調といいます。

ハ長調の曲は、主にハ長調の音階の音でできています。

短音階

短調の音階を短音階といいます。短音階には、自然的短音階・和声的短音階・旋律的短音階の3種類があります。

短音階は、第2音と第3音の間が半音になっているのが特徴です。

自然的短音階

調号のみ使用します。

自然的短音階

和声的短音階

音階の第7音が半音上がります。

和声的短音階

旋律的短音階

上行形の第6音、第7音が半音上がり、下行形では元に戻ります。

旋律的短音階 旋律的短音階